読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレンダーガール

それはハッカ、これはにっき

愛なるは・アイデンティティ

昨晩(日が変わったので2日前)はサカナクションのライブ映像を見ていました。そう、連日のタイトルを見れば一目瞭然かもしれませんが、今かつてないほど私の中でサカナクションがきてます。

 

部屋の電気を消して真っ暗な中ライブ映像を見ているとその場のたかまりが私にも届いて、気づけばその中にいるようでした。アクアリウムとはよく言ったもの。会場でそして私の部屋でも、音が飛んで流れて自由に踊っていました。

 

アイデンティティ」という曲で何千人もの観客が、アイデンティティがない、生まれない、らららら〜、と手を振りシングアロングしていました。この光景、とてもロックじゃないですか?サカナクションのライブが観たい、それだけで会場に集った誰一人として同じ人がいないその全員が、アイデンティティがないと歌い手を振ってうなりを起こす。その視線を一手に受けて、今やメインストリームでも地位を確立しつつあるサカナクションアイデンティティがないと歌いあげる。エモい。いつの日かこうしてみんなのうたとなり歌われ歌うことを見越してシングアロング出来るようにした、と以前彼らが話していましたが、その光景は現実のものとなり、そして想像よりもずっとエモかったです。

 

 

私は女子っぽくないと自覚しているしよくそう言われます。◯◯は、なんか女子っぽくなくてそれで助かった!みたいなことは男子にも女子にも何回も言われたことがあります。それはそれでどうなの?!と思いながら、男子だったら確かにもっと馴染めたのかなぁと思うこともありました。でもある日思ったのです、もしこの女子という前提がないと何にも変わったところがなくなってしまうのかもしらん、と。誰に迷惑をかけてるわけでもないはずだし、それで良かったって言ってくれる子もいるしまぁ別にこのままでいいのじゃないかと。

 

アイデンティティとは何でしょうか?先ほどの前提の、○○だから△△、の○○がなくなって、こういう姿!っていうのをズドンと撃ち抜いたものだと思います。かっこいい。

でもそれって、別にパッと思いつかないからといって探すものでもないと思います。悩む必要もない。アイデンティティがない、生まれないって言って歌ってしまえるほどのこと。音楽にのせてだと堂々と大声で歌ってしまえること。

 

私のアイデンティティなんぞまったくわかりませんが、今のままとんがっていたら何かしらはそのうち形になるだろうと思ってます。まだまだ若いうちに入るはずなのでその間はあまり丸くはなりたくないです。とんがっていたい。そして堂々巡りの自分探しをするよりはわからないままでも歩いてどこへでもいけるようになりたいです。