読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレンダーガール

それはハッカ、これはにっき

欠けボタンの浜

  今日で連休も終わりである。去年よりは充実していた、と思う。

 

 

 

  帰省したときに、お前の将来なんかたかが知れてる、と親に言われたのが心に残っている。赤ちゃんは無限の可能性を秘めている、というような話をしていたときにさらりと言われた一言だった。別に何でもなれるとか思い上がっていたわけではない。ただ昔のように、もうなりたいものを両手の指を折って話すような歳ではないのだなぁ、なんて実感してしまった。なりたいものではなく、なれるものにしかなることは出来ないのかもしれない。もうそういうことを考えなければならぬのである。何が出来ると言われると何も出来やしないし、仕送りなしには生活出来ぬ身である。考え出すとすっかり暗い気分になってしまった。

 

  今にはじまったことではなく、春から、いやもしかするとお前の輝きはもうないなどと言われたあの日からかもしれない、何となく以前のような無鉄砲な自信は段々喪失しているように思える。歳といえばそれまでだ。物事を知れば知るほど自らの不甲斐なさが染みる。

 

  とまぁ、下宿先に戻ると大抵一人だし頭の中はジ・エンドオブザ・ワールドみたいなモードに入って自信の類はどっか行っちゃったりするわけである。

 

  でも先日思ったのが、あまりに自信を失くしてもいけないということだ。こう、会える日を楽しみに頑張ります!なんて言ってくれる子もいるわけだし、そうやってちょっとでも頼ったり信頼してくれてる人たちに失礼ではないのかと。過去の自分を評価してくれているだけだとしても。弱みを見せたくないとかそういう話ではなく、単純に度を越して自分を貶め批判するだけで傷ついたりそのふりをするのは良くない、ということである。

 

  結局、会いたいとか言われるとわーい!うーれしー!!私も頑張る!!なんてことになり、火曜日の某ナクションのライブ視聴は消えてしまった。残念。しかし女の子とのディナーには勝てない。おばさんなので会いたいです!なんて言われたらほいほい行く。一応言っとくとその気はない。でも普通に嬉しいことないですか?

 

 

 

  何が言いたいかよく分からなくなってしまった。つまり、あまり自信を失くしすぎるな、という自戒である。何処へも行けないなら開き直って何も考えずに羽根を伸ばして、手も足も伸ばしてしまえ、と思う。...まぁ実際は明日からも端の席にこっそり座っているのだろうが。

 

  今日は星を観に行きそれでいろいろ思い出したこともあったのだが、それはまた明日にでも。

 

  明日からまた学校である。
  夏休みまで、試験を挟む長丁場であるが頑張ろう。

 

PS.タイトル曲は歌詞が通して逸脱なので抜き出せなかった。原曲もアジカンのカバーも良いので気が向いたら検索して一聴をば。