読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレンダーガール

それはハッカ、これはにっき

元素紀行

  実験初日の今日。課題を昨日にすませ、テキストにも目を通し準備万端!なはずだったが、予習をノートにまとめなければならなかったらしい。なんと!実験前の授業は、予習して家で問題を解いてきて暇だったので、演習タイムに実験ノートにまとめた。セーフ、いやアウトか。

 

  実験は正直あまり楽しみでなかった。テキストを読んでも、めんどくさそう、の気持ちしかわかなかった。今日の実験は、ひたすら試料に溶液を加えて反応を見るだけである。しかも高校でもやったレベルのもの。

 

  しかし、どうしたことだ、実際はむちゃくちゃ楽しかった。いや、あまり厳粛なムードでなかったことはいけないのかもしれないが。

  まず、今日から白衣着用だったのだが(去年は物理実験のみだったため必要なかった)それだけでテンションがあがる。ヤブ医者、エロい、給食着等々いろいろ言いあって始まる前の休憩時間からみんな異様にはしゃいでいた。来週は湯川教授をイメージして服を着てくる子もいるらしい、期待。

 

  物理実験では実験をしてそこから考察が本番、という感じであったが、化学実験では目の前で反応の変化をみることが出来る。「これこれ、この実験を待っていたんだ!物理はくそ!」「このためにこの学科に入った!!」とまで言いはじめる人もいて、みんなイキイキとしていて、実験も早く進んでいた。

 

  ところが、である。最後の実験だけうまくいかない。最後の実験の沈殿の色を先生に確認してもらい合格なら実験終了帰宅なのに。最初はうまくいかないな〜笑、などと笑いながら話していたのだが、途中で他の班に抜かれ、結局最後に私たちの班だけどのペアも合格していない、という惨憺たる様であった。

 

  最後のほうは、「お前らはな〜化学への愛情が足りんのんじゃ〜!愛していればみえてくる!!」などと先生に言われ訳がわからなくなった。沈殿を見届ける前に愛などというこの世の真理を悟らなくてはならないのか。思わず見本の試験管とすげ替えて見せてとっとと帰ろう、と思いついてしまったが、そこはぐっとこらえて実験を続けた。次々と周りが合格していき、私達も最後お情けに近い形で合格をもらった。どうやら初手で反応させる段階を勘違いしていたようである。原因もわかりすっきり。

 

 

  結局私達の班は5時間近くずっと実験していたことになる。もうほとんど誰もいないよな、と見渡すと...いた。同じ実験班の男子(彼氏)を待つ彼女が数名!!!君達実験の日にデートするなよ、終わる時間わからないだろ!!!!!手際のいい彼女たちは30分、いやそれ以上前には終わっていたはずである。何だか申し訳なくなってきた。

 

  私はというと、頼んでもう一度だけ実験してみることにした。原因がわかったのに失敗したままなのはもったいない。夢中に実験していてので数組のカップルが去っていく姿を視界にとめることもなく(本当は2組観測した)滞りなくすすみ最後に成功した。素直に嬉しかった。

 

 

  このあとペアの子といろいろ話しながら帰り、そのあとも話し込んで感じることもあったのだが長くなったのでそれはまたのときに。

 

  とりあえず、課題と予習と手書きレポートは最悪だが実験そのものは最高であった。あまり伝えられてないかもしれないが、本当に楽しかった。白衣の似合う女になりたい。身長が低い時点で望み薄だが。

 

  残るレポートは頑張るしかない。

 

 

 

  ところで、落ちるという言葉には悪いイメージがつきものですが、何故恋だけ落ちるというのでしょうか。コメントにでもこっそり教えてくれると嬉しいです。