カレンダーガール

それはハッカ、これはにっき

奇跡

  何とはなしにまた書いてみる。

  約3ヶ月ぶりである。例の通り日記はつけているのだが。

 

  学校がはじまった。

  図書館が閉鎖してしまった学校では一人になれる時間も場所もない。本が読めないのはかなり痛い。

  行き場を失った学生は食堂に雪崩れ込み、特に欲しくもないけれどジュースやお菓子を買って席についてだべる。今学期の食堂とコンビニは売上が伸びると私は踏んでいる。

 

  夏休み。もう終わってしまったけれど、今年はいろいろな所へ行き、中高時代の友人と会ってきた。青春18切符をまた使って今度は待ってくれる人がいない地に行ってみるのもいいかもしれない。

 

  最後の週末は、梅小路公園で開かれた京都音楽博覧会に行って来た。前日夜9時にチケットを取り翌日11時前には会場に到着、という思いつきもいいところの参戦。だがしかし、これが思いの外素晴らしかった。

  知らない良質の音楽が放たれていくのを聞きながら、芝生の上でカルビを食べたりモヒートを飲んだり。お酒が飲めて良かったなぁ、と思えた数少ない一コマだった。「みんな同じ空の下」なんて浮ついた台詞は苦手なのだが、国を越えた音楽を聞きながら、聞き入っている人、芝生に寝転んでまどろむ人、連れられて来たのであろうドラえもんを読んでいる子供...がいる。そういう風景を見ているとそんな言葉を少しだけ信じられるような、それほど満ち足りた空間だった。

  ちなみに今回のタイトルの「奇跡」は、その博覧会にて「くるり」がフルオーケストラと共に演奏し、私がいたく感動した曲。まさか聞けるなんて思っておらず、そして編曲も素晴らしく、こんなにいい曲だったのか、と会場で目頭を熱くした。その日から毎日聞いている。この奇跡、巷でよく聞く出会えた奇跡とかじゃなく、祈りに近い感情が歌われているところも素敵だと思う。

 

  平凡な毎日が幸せ。それはそうなのだが、まだ若いうちは少しくらい野心を持っていたいもの。秋はコマ数も少なく図書館も閉館で、下宿先で過ごすことが多くなりそうだが、何か馬鹿げた熱中できるものを見つけたい。そう思う今日この頃である。

 

 

"いつまでもそのままで 泣いたり笑ったりできるように

曇りがちなその空を一面晴れ間に出来るように"

  

アンダースタンド

  今日で上半期も終わり。

  と思ってなんとなく久しぶりにこれを書いているわけである。ブログのほうはあんまりであるが、何日かに一回は日記をつけている。読み返してみると非常に面白い。日記は感情の殴り書きで言葉が追いついていないのでとても見せられたものではないが。

 

  さて、上半期を振り返ってみるとなかなかに激動であった。何しろ冬には冷え切った部屋に籠ってひたすら塗りつぶしたり、試験に備えて徹夜したり、時間を計って赤本を解いたりしていたわけで。そこからなんだかんだと二回生になり今現在である。

 

  パラレルワールドなんてないので、どっちに転んだらどうなっていたかはわからない。なった側で頑張るしかないわけである。落ち込むこともあったけれど、割と元気になってきた。全ての傷口を縫合するのは時間である、と言ったのはかの夏目漱石であっただろうか。私ももうさすがに本調子である。

 

  5、6月は気候も良く好きな月なのだが、特に今年の6月はいろんな所へ行き、いろんな人に会えて本当に楽しかった。

 

  先日、中高からの夢(細やかで多分他の人にとってはものすごく下らないものだ)が3つ一気に叶ってしまった。その時からあの頃のことを思い出しがちなのだが、思っていたより大人にはなれていないし周りに適合も出来ていない。でも、中高時代の私が夢のような1日を運んでくれてきたように、今に意味が感じられなくとも真っ当していけばいつかはこの日々も意味を持つのかもしれない、そんな風に思っていたりする。今が無味乾燥とかそういうわけではない、充実してはいるのだが、このまま年月が過ぎ卒業して社会に出るのかと思うと一抹の不安を覚えるし、いつも何かやり残している気になる。

 

 

  いつかこんな日やブログを懐かしむのだろう。これがきっとモラトリアムってやつである。

 

 

  この間お酒を買う機会があったのだが、まだ年齢確認をされてしまった。私自身お酒はそこまで好きじゃないので、今日はこどもののみものを買ってきた。甘ったるさと感傷に浸って、また明日から切り替えて頑張りたい。とりあえず今週末は部屋掃除と試験対策を本格化させよう。

 

  では。

 

 

 

"軋んだその心、それアンダースタンド  歪んだ日の君を捨てないでよ"

絵画教室

  何年かぶりにそこそこ大きい自由画帳に自画像を描いた。

 

  たまに自画像を描くと頭も心もリセットされたようになることがわかった。今日はよく眠れそう。

 

"芽生えてしまった感情をわかってるくせに放棄して  自分で作った愁情に浸らないでよ"

見るまえに跳べ

  実に二十日ほどぶりのブログである。

 

  この間は中間があったり、にも関わらず他県に飛んだりしていて割と忙しかった。しかも飛ぶ前日に一人でライブに行ったりしていた。そのライブは今まで見た中で一番かっこよくて、言葉にするのがやぶさかでもったいないようなライブだった。そこにいた誰もが明日への希望を胸に帰宅したであろう、少し大げさにいうならばそんな空間だった。誰かにこの感動を伝えたくもあったが、結局心に留めて時々思い返してはやる気を出している。

 

  今のところ平穏な日々である。

 

 

 

  先日数カ月前に自分が書いた文章を、すっかり忘れた今になって読み返す機会があった。我ながら字数が少ない中で密度濃く書けた文章だった。滅多に褒めない父からも何故かお褒めの言葉を頂いた。父曰く、村上龍っぽい文章らしい。

  

  このブログは自由気ままに書いているが、誰かに何かを伝えるために書くとなると、いっぱしの者を気取り出して、それなりの時間をかけてあーでもないこーでもないと練る。私の場合、デジタルだと何となくしっくり書けず、そういう場合はいつも紙にペンで書き出す。ワードで打ち込むのは本当に最後である。パソコンの画面上だと全体像というか流れが把握できない。時代に追いついていないのだ。

 

 

  やっぱり他人に何かを伝えようと思うとそれなりの訓練は必要だと思っている。最近、人と話していても語彙が少ないとのっぺりしたことしか伝えられないなぁ、と常々感じる。

  また紙に書きつける訓練をしたほうがいいかもしれない、もちろんレポートではなく。

 

 

  まとまらない話だが今日はこれで。

  今週末を心待ちに今週を乗り切る次第である。

 

 

 

"単純でいいんだ  空が高くって届かなくって  本当に良かった  意味を考えるまえに  言葉にするもっとまえに  そう  もっとまえに"

線路は続くよどこまでも

  今日は市内に出る用があったので出かけた。

 

  普通に用を済ませ、帰ったはずだった。

 

  音楽を聞きながら、電車の窓からの風景を眺めていた。途中から見たことがない景色になり、眺めているだけで充分楽しめた。...あれ?何で私は何度も通った路線で見たことのない景色を見てるんだ?と思ったときには既に時遅し。乗り換えの駅を過ぎてしまっていた。

 

  京都を通り越し列車は大阪へと向かうようだ。毒を食らわば皿まで、ではないが、このまま行ったらどうなるのだろう、と好奇心にかられ、次の駅でも降りないことにした。

 

  府の境を越えた感じはまったくせず、同じような家とビルが並んでいる。十何駅か通り越したところであろうか、帰宅しているサラリーマンの姿がちらほら見え始めた。そろそろ帰ろう、と適当に降りた駅がどうやら、普通列車しか止まらない駅であったらしい。そこで数本列車を見送った。

 

 

  電車通学の時も、意味もなく終点に行ったり次の駅まで行ってたりしたなぁ、とぼんやり思い返していた。

 

  やっぱり電車はいい。一人旅だって退屈しなさそうだ。18切符の広告を思い出して、一人旅したいなぁと強く思った。

Champagne Supernova

  最近夜遅くまで起きていることが多くなった。どうにも夜はワクワクして眠れない。一人きりで何をしても自由な気がする。

 

  聞こえるか聞こえないかくらいの音で音楽を流して、本を読んだりゆるゆると勉強したり課題を済ませたりする。そのうち朝が来て、眠気とともに朝焼けを見たりするのもなかなかに気分がいい。

 

 

  近頃文学及び哲学チックな本を読むせいか、どうやったら真面目な局面で相手に言葉を届けられるか、をよく考える。そんな話をする機会は半年に一度あるかないかなのだが。

 

 

  イチロー選手が昔、言葉は何を言うかより誰が言うかである、と言っていた。私も誰かにとってその"誰か"に相当する人でありたいし、100パーセントとは無理でもきちんと伝えられる人でありたいな、と思う。

 

 

 

  まとまりが全くないけれど、そんなことをぼんやり考えていた。ぶちモノトリアムである。

 

 

 

 

"Someday you will find me  Caught beneath the landslide In a champagne supernova in the sky"

メロンソーダ

  かっこいい生き方をしたい。

  かっこいいって定義が難しいけれど、とにかくかっこいい生き方を。どんな分野だって構わない、勉強でもスポーツでも音楽でもゲームでも。何でも本気でやっている人はめちゃくちゃかっこいい。なんかこう、ハリというか輝きが違う。

 

 

  ロックバンドが大好きだった。どうしようもない人たちが吐き出した行き場のない歌がたまらなく。SEX.DRUG.ROCK'N”ROLLを地でいく、一見クズみたいな人たちが歌うときだけかっこいいのが最高だ。

 

  最近のバンドが...云々は老害感が否めないが、やっぱり最近のバンドに心が動かされることは少ない。私の心が鈍ってしまったのか。バンド組んで明るい歌を歌って盛り上がるのもいい、それだって素敵なことだ。でも、冴えない人たちの鬱屈した叫びだって素晴らしいではないか。希望のない歌だって解決策のない悩みだって歌われて然るべきなのだ。いやむしろ、歌で吐き出すしかない。

 

 

 

  そうだ、私が憧れていたロックバンドはもっとかっこよくてヒリヒリしていたのだ。

 

 

 

  中嶋イッキュウさんの生き方が好きだ。tricotが好きだ。変拍子なんてものともせずむしろこの曲何拍子だっけ?って言ってしまう感じ、おもしろいことは何でもやってしまう感じ。かかってこいや!!って駆け出しのバンドが叫んで、終わる頃には満員にしてしまう感じ。

 

  歌詞カードやCDの表紙はおろか、曲名すら書かれてない、裏表もわからなくなりそうな銀の円盤だけが透けて見える。なんでこんな何でもつけられる今に、素っ裸で全力勝負みたいならことが出来るのか。そして、なんでこんなにワクワクさせられるのか。

 

 

  彼女たちはとってもロックだ、と思う。よくわかんなくていい、ただ踊れ。リズムのわからない変拍子に飲み込まれて持ってかれてしまえ。難しいこと抜きにして曲もバンドのスタイルも大好きだ。昨日買って帰ってからアルバムを10回以上通して聞いている。

 

 

 

  ヒリヒリするようなロックバンドが大好きだ。ロックだけで生きていくことを選択して、ヘラヘラしてるのに最高にかっこいいロックバンドが大好きだ。それは昔何でもなれると思っていた私が憧れていて、今の私がいわゆる普通の道を外れて、すべてを音楽に傾けることの難しさを身をもって感じる歳になったからかもしれない。

 

 

  恋愛でも何でも好きっていう論理的に説明し難い感情に身をまかせるのは心地よいがこわい。理屈じゃないからいつまでどのようにその感情が持続するかわからない。だからこそ、それに人生をかけるロックバンドが大好きなのかもしれない。

 

 

  久々に胸がアツくなった。

  文句なしにかっこいい。

  かかってこいや!!

  こんな生き方をしたい。

 

"夢を見ていたような夢だった  あの日のような甘ったるい後味だったんだ"