読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレンダーガール

それはハッカ、これはにっき

We love Tank-top

  私は毎朝ちょっとだけ悩むことがある。さて、何の服を着ようか、と。

 

  大学生になったら制服がないので、毎日自分で服を決めて着て行かなければならない。しかも下宿生なので完全に自分の見立てである。つい少し前まで、平日は毎日同じ制服を着て学校に行っていたのにいきなり毎日私服とは。時々週末に遊びに出掛けたり、遠足に出掛けたりする時でさえ、何を着て行こうかと散々迷っていた。挙げ句の果てには、これなかなかおもしろいよね?!と、半ばネタのようにストライプのスカートにボーダーのシャツを着て出掛けていこうとして、慌てて母親に着替えさせられたような私である。さすがにこれは何年か前の話であるが。

 

  身長が変わらないので、なかなか着れなくなる服もなく服の新陳代謝も多分人より悪い。未だに中学時代の服も着れてしまう。ふらふらと歩くウィンドウショッピングは割と好きである。しかしいざ買うとなると、うーん、これだけあれば一週間過ごせるしCD一枚分かぁ...などと考えはじめ、そんなことを考える間もないくらい気に入ったものか、必要に迫っている時以外買うことは少ない。

 

  夏はまだいい。自分のバンドTシャツコレクションから一枚適当に選び下に履くものを合わせればなんかいい感じになる。(私目線で)洗濯も楽チン。しかし他の季節は割と困る。特に今のような朝は寒くて昼は暑いような時。見た目+体温調節となるとなかなか難しい。あまりに同じ服ばかり着回すようなことも、気づける範囲でしたくない。

 

  しかも結局すべて自分の見立てだから一切自信がもてない。今日は白衣を着るときに、痩せたブルゾンちえみっぽいなんかデキる女って感じの服じゃね!なーんて言われてしまった。確かに、今日は実験だし気合いを入れて割とかっちりした服を着ていたが、動いているブルゾンちえみを見たことがないのでよくわからない。どうなんだ。

 

  We love Tank-topとTank-top of the worldを聞いて、もう袖を引き裂いてタンクトップにしようかぁぁあ!なんて思うけれどそんなことはしない。(ちなみに、この2曲を歌ってるヤバいTシャツ屋さんというアーティスト、なかなかはちゃめちゃで最高なので最近イチオシである。)素朴ででもなんとなーくいい感じに小洒落てたいが、そういうのが一番難しいのだ。明日も頭を悩ませながら着替えるのだろうなぁ、と今から思っている。

 

 

 

 

 

 

"「そんなことないさ、ほら君もタンクトップを着るんだ!すぐにタンクトップワールドの一員さ!」"